COVID-19

パチンコ店はコロナウイルスCovid-19の緊急時にも日本で営業を続ける

コロナウイルスCOVID-19の緊急事態が発生している間、パチンコパーラーが開いたままになり、多くの懸念が生じました。これは、騒々しいギャンブルの家がいっぱいになり、人々が小説COVID-19と戦っていたためです。プレーヤーが演奏していたホールは、跳ねるボールと点滅するライトの鉄の音がした長い列のマシンの中に並んで座っていました。街は若者たち、失業中のハードコアなプレイヤーでいっぱいで、時間を楽しみたいと思っていました。 パチンコ店の飲食店の人によると、いつもより混雑しているそうです。東京のパチンコ店では、仕事をすることができますし、オープンであることで、人が集まって、賭けをすることができます。日本はまた、いくつかの緊急事態を課しました。これにより、正しい目的を持つことができます。 日本は4月7日に東京と他の6つの地域に緊急事態を課し、長い間延長された。これらのパーラーは日本中のいたるところにあり、人々がコロナウイルスの蔓延を防ごうとするときに頭痛の種になりました。これらのパチンコ店は辞任せず、緊急時でも運営されていました。知事は、緊急事態の義務を負わなかった6つのパチンコ店の名前を公表しました。発表にもかかわらず、閉鎖の命令があっても、彼らは開いたままでした。 マルハンとダイナムは、すでに閉鎖されている数百の支店の半分以上を所有する2つの主要なパチンコチェーンですが、週末にのみ閉鎖されます。他にもパチンコ店が多く、一ヶ所に予防策を講じて営業しています。パチンコ店には人が触れなければならない場所がたくさんあり大変危険です。パチンコ機、スロットマシン、ロッカーを消毒するだけでは十分ではありません。場所の状態は、パーラーを清潔に保つために講じた対策によって異なります。 日本ではギャンブルは厳しく規制されていますが、パチンコはギャンブルゲームとは見なされていません。ゲームには、後で現金に引き換えることができる特定のルールがあります。ゲームの人気は下がりましたが、ゲームを手伝うために最高の人々がいらっしゃいます。たたくための令状を与えられた多くのパーラーがありましたが、彼らは開くことができないのではないかと恐れました。 当局と社会からの圧力により、店は閉鎖されました。企業は破産リスクに直面する可能性があり、状況が悪化する可能性があります。また、微妙な問題について匿名で運営されている東京以外のパーラーはほとんどありません。