秘密の生活

パチンコの秘密の生活

日本は、過去数十年間の厳格な法制化の後、最近ギャンブルの慣行を合法化した国の1つです。ルールがギャンブルを規制している間、パチンコはなんとか生き残った。楽しいゲームを提供するゲームアリーナは、国内の豊富なパチンコ店とは異なりました。市民と観光客の両方が、ピンボールとスロットに似ていることでゲームを愛していました。それは確かに、両方の組み合わせであり、他の国からの熱心なギャンブラーが純粋な娯楽のために日本へ飛んで行くようにします。しかし、ビデオゲームの人気が高まるにつれ、家庭でのゲームが人々が好む便利なフォーマットになりました。ただし、これらのゲームの多くは、プレーヤーが家を出て実際のゲームに出るように促します。パチンコも同じフェーズを経て、関連性を維持する方法を見つけました。 縦型ピンボールマシンは毎年数十億ドルを稼ぎます。ラスベガスのすべてのカジノが何とか収集する以上のもの。パーラーで誰かに会えて幸運なら、プロのプレーヤーと遊ぶことも可能です。あなたを取り巻く環境に関係なく、ゲームは常に面白いです。パチンコ店を訪れることは、全国的な娯楽であり、種をまく活動でもあります。 「シーディー」という言葉があるので、人々はゲームをプレイするという考えを二番目に推測するかもしれませんが、それはあなたの経験を台無しにしてはなりません。ソーディッドはパーラー内で行われる活動ではありませんが、これらの施設はすべてアンダーワールドグループまたはマフィアによって運営されていたため、パーラーの背後で何が起こっていましたか。しかし、この懸念は現在、警察が業界を支配しているため、完全に排除されています。 パーラー 一部の人々は、駅やその周辺にあるこれらのパーラーを訪れるのが大好きです。明るく煙に満ちた構造で、当局は多くのプレイヤーを誘惑することでしょう。 10代の若者、ママ、失業者は、ほとんどの時間をパーラーで過ごし、幸運に見舞われる瞬間を待っています。市内の強迫的なプレーヤーの多くは、彼らが犯した過失のために逮捕されました。パーラーで遊んでいる間、両親は子供たちを車の中で孤独と猛暑に耐えるために残しました。そのような報告は警察に彼らの所在と詳細についてすべてのプレーヤーにチェックするように拍車をかけました。 機械 世界中のさまざまな地域のプレーヤーが、マンガやアニメをテーマにしたマシンでゲームをプレイします。マシンやボールのカウンターにお金を入れなければならなかったシステムは、今や支払いカードを提供する方法に移行しました。プリペイドカードシステムは、購入された各カードからより多くの利益を生み出すために警察によって強制されました。   景品交換スポット 賞金はボールの形で提供され、現金または賞品と交換できます。一部のショップでは、ボールをさまざまなギフトや現金に交換しており、これらの場所から賞品を引き換えることができます。商品は卸売りでパーラーに売り戻されます。プレーヤーは、特定のショップでのみボールを交換して、サイクルを続けることができます。プレーヤーがシステムの外で商品を販売していないことを確認するために、ペイアウトボールにはマイクロタギングシステムもインストールされています。