日本の芸能

ジャパニーズエンターテイメントパチンコ難波、大阪を体験

パチンコは日本発祥のメカニカルゲームで、他のギャンブルゲームよりも頻繁にプレイされる娯楽アーケードゲームです。パチンコ店は日本で広く普及しており、西洋のスロットマシンに非常に匹敵します。現代のパチンコ機はパーラーのニーズに応じてカスタマイズ可能です。 日本では金銭の賭博は違法であり、これが日本社会でのパチンコ賭博の人気の主な理由の1つです。法的な抜け穴により、ゲームへの適切なアクセス権が与えられます。通常はパチンコ玉が当たるので、敷地外に持ち出して特別賞品を獲得できます。法的にパチンコのルールは、取引されたお金がパーラーの敷地内で発生することができないということであり、それは法律のねじれです。これらのベンダーは本質的に独立しており、パーラー自体とは関係ありません。 日本のパチンコ市場は30兆円と評価されており、売上高と収益のみで生産され、日本のGDPの5.6%を占めています。これらのパチンコ市場は、日本の人口の0.53%を雇用しているとも言われています。パチンコ市場は、ラスベガス、マカオ、シンガポールの合計で、より多くのギャンブルを生み出しました。彼らは日本に多大な利益をもたらした灰色の市場ですが、パチンコはそれに対していくらかの歴史的価値を持っているので禁止することはできません。また、ヤクザは一般的に、これをマネーロンダリングやラケットの手段として使用しましたが、これは警察の取り締まりの問題ではありません。 パチンコマシンは、ピンボールマシンに似ていますが、ピンボールから多くの点で、直径11 mmのスチールボールを使用しています。パチンコ玉は、1回の賭けや賞品の獲得に役立つアクティブなアイテムです。プレーヤーは、独自のプレスリリースを備えた1つ以上のボールをマシンにロードして、マシン内部にパッド付きハンマーを備えたスプリング式ハンドルを手助けして、金属製のトラックボールを金属製のトラックに入れることができます。 トラックは、プレーヤーがボールの幅を理解できるカップに簡単に注ぐことができる多数の真ちゅう製のピンが配置されているときに、ボールを競技場の端の周りに案内することができます。下部の穴はボールが落ちる場所で、ボールをキャッチするのに役立ちます。これらのボールはピンからピンに跳ね返り、フィールドを横切るのに役立ちます。ボールがトリガーに入ると、トリガーの前のトレイにドロップされたボールの数を含むペイアウトとなり、すべてをキャッチできます。一度にボール。