パチンコは日本のアーケードゲームで、一般的にアーケードスタイルのスロットマシンと見なされます。日本人は通常、ニュージーランドの国のGDPの2倍のパチンコに3,000億ドルを費やしています。パチンコ機はどこにでもあり、テーマはさまざまです。パチンコと他の西のピンボールマシンの主な違いは、ピンボールマシンに似た小さな金属ボールを持っていることです。ボールは常に跳ね返っているので、ピンを通り抜けてさまざまな場所に集まることができます。ゲームの主な目的は、できるだけ多くのボールを集めることです。

 

パチンコの周りの広告はそれをはるかに魅力的にします、しかし、現実は真実から遠く離れていますが、パーラーはかなり騒々しくてスモーキーです。日本ではパチンコは技術的に違法ではなく、パチンコパーラーボールはシャツなどの景品としか交換できません。また、パチンコパーラーの角を曲がったところにある小さなお店で交換できます。ハードキャッシュ用のボール。パチンコは日本の文化の一部であり、もうなくなることはありません。日本人はゲームへの情熱を共有し、第二次世界大戦前にも存在していました。

パチンコのゲームは、ケースに入った非常に典型的なゲーム環境で行われます。プレーヤーの火の玉は、マシンのフリッパーを使用して穴に固定しようとしています。ボールの跳ね返りにより、異なるマシンに入ることができます。これらのゲームは完全に電子化されており、ペイアウトを獲得するために必要なさまざまなジャックポット条件がビデオ画面から確認できます。ここで最初にすべきことは、ゲームでいくつかのボールを獲得するのに役立つ家賃を理解することです。

いくつかのボール

これらのボールは施設から貸し出されており、プレーが終了した賞品に交換することができます。ボールはあなたが勝つのに役立つスコアを保つための最良の方法の一つです。カウンターに行って通貨と両替する必要があります。鮮やかな色の鋼球は刻印されており、価値のある文字を持っています。パチンコ遊技機を選択して、ボールに負荷をかけることができます。ノブに到達しやすく、ボールのリリースにアクセスできるフリッパーを使用します。マシンから取り除くか、解雇できます。多くの場合、プレーヤーはそれらを積み重ねてトレイをいっぱいにしようとします。これにより、現金を引き込もうとしたときに、より多くの支払いを得ることができます。


0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *